スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blo-h.png

誰にも死相は出ていない。
縁があるのかまた黄猿が相手。あの時と同じ。
「戦闘」敗北率100% 「生存」死亡率0%
結果も同じ事になる。今はこれで良い。仲間は守れた。
ただ今は勝てる強さを持っていないというそれだけのこと。
いずれおれが勝てる強さを得る未来が来る。

試験後、服を買いに皆と店に行く。
モリアと出会ったユースタス・キッドのようにおれも鷹の目と遇う。
「服屋」は七武海との出会いの縁のある場なのか。
おれと名も同じで何かの縁を思う。
おれの心をざわめかせる声が鷹の目から聞こえてくる。
怨みの声、嘆きの声、悲しみの声、苦しみの声、呪いの声。
くらい黒いものを鷹の目の後ろに見る。
鷹の目の住む古城の話を聞く。
城に訪れさせて貰う約束をする。
一週間後を待ち遠しく思う。
良い服がなかった。帰りは明日の幸運を願い皆にそれぞれ石を渡す。

スポンサーサイト
2010年09月10日 20:04 | ホーキンス | コメント:10 | Top↑

管理者だけに観覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。